<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

+ - +
Com[0]Tb[0]
 そして続きが気になってまた眠れなくなったあなたへ。
おっざーすっ!!!



もっそい久しぶりに登場、ここの総支配人、maoでございます。

基本、ネット上での文章で名前を表記するときはローマ字です。
昔からなんとなく、3文字の名前に憧れがあるからです。

えっどーでもいい?
ですよね。

こないだ、原付で大阪から旅をしていたかずおおかべが三重県は伊勢市、あたしの実家にやってきました。


うちのオカンの粋な計らいにより、お昼ご飯を食べていく2人。

〜2人が帰ったあと〜
母「あのメガネの子(おかべ)、どことなく湯浅弁護士に似とるなぁ」














ま『えぇーっ!?笑 似てな・・・』

















・・・・あれ?
似てない・・・ことも・・・・ない・・ような??











どうでもいいですね。

とりあえずおかんの目のつけどころにリスペクト。



ちなみに。

123の人間が家に来たのはこの子以来です。

後姿でわかりづらいですがちぇけ
春休み、突然伊勢にやってきて泊まっていったという伝説の持ち主。






この時期、伊勢名物の赤福、大阪や名古屋でも売ってますが何と言おうと伊勢名物の赤福を使った赤福氷というのが売られています。
伊勢にある赤福本店では、(今年のプロ野球がどうなっているかは知りませんが)阪神が優勝するとなんと!何日かの間タダで販売してるんですよーぴかぴか

まっ何が言いたいかって

伊勢へおいでやすラブってことですよ。

おわり。

























・・・じゃねぇっつーのっ!!


今回の合宿レポ担当のやっこが免許合宿に行き、更新できない写真ない合宿1日目は自分企画で書くのは何か恥ずかしいということで、1日目の分だけあたしが書くことになったんだっつーのっ!!


とゆーわけで書いていくっつーのっ!!



1日目昼下がりの海編
〜桃屋の商品「ごはんですよ」ってあれよく考えたら「海苔ですよ」ってことに気付いた2006夏。IN琴引浜〜


大ブーイングの中終わったもふのヴィンゴゲーム。

もふのあまりのやらかしっぷりに疲れて寝る人がちらほら。

かと思いきや

ちらほらじゃない。
ほとんどが寝てる。

合宿のバス、しかも行きのバスでこんなに大勢の人が寝ているなんて初めてです。
せっかくの合宿やのに寝るなんてもったいないとなんか悔しくて起きてたあたし。
何か騒いでやりたいとうずうずしていたのですが、如何せん他に起きてるのが自分の周りには、運転手さんとふみかぐらいでした。

それにこれだけの人数を起こし、その人数分の怒りを受ける勇気はなかったので自粛しました。
イエス、アイアムチキン鳥

 










一方、その頃。レンタカー班では。




いつの間にやら修行僧が紛れ込んでいたようです。





そんなハプニングがよそで起きているとは露知らず、大人数を乗せたバスは旅館へ到着バスプシュー

名誉幹事KAZUOによる点呼の後、一同待ちに待った海へ!!!波ぴかぴか











海へ!!!波ぴかぴか























・・・・海は?!



さすがレイクサイド琴引(旅館の名前)、湖は近いが海は遠い。
旅館から海まで10分弱歩かないといけません。しかも山道。

しかも、海が見えてテンション上がったものの、海はすぐそこに見えているのになかなか浜辺まで辿りつけないというなかなかのじらしっぷり。

ようやく着いたご一行。
海を目の前にテンションがあがるはずが・・・

「・・・さ、寒い・・・・」


太陽は雲に隠れ、ものすごく涼しい感じに風が吹いています。
先に海に入っていてあがってきた人たちは余計に寒そうにしています。


それでもこの寒い中、海に入ってきゃっきゃっと遊ぶ人
浜辺でボールで遊ぶ人
砂に埋められている人(ボブ

みんな楽しそうにしています。
いいです。平和です。











・・・




が、しかし。


この平和な光景の裏で実はとんでもない事件が起きていたなんて、いったい誰が予測していただろうか・・・

この平穏な海辺で事件は突然起こったのである・・!!




合宿レポートの途中ですが、ここで緊急速報です。予定を変更し、ニュースをお届けしたいと思います。







7月7日の昼過ぎ、あまりにも無残な事件がここ、琴引浜で起こってしまいました。
なんと、あのあずっち(仮名)がグラビアアイドルでもないのに片方の乳房が思わず水着から出てしまうというハプニング、通称ポロリをやってしまったとのことなのです。


この度、当番組ではこの事件のことをよく知ると言うこちらのお二方から、事件についての真相を語っていただきました。

S.Kさん(以下K)「僕が悪いんです…僕があんなことをしなければ、こんな事件は起きずにすんだんだ」
S.Yさん(以下Y)「お前は悪くないよ。俺だって同罪だ。むしろお前は一番の被害者じゃないか」
――どういうことですか?
K「僕があずっちを海に放り投げたんです。そして、あずっちが起き上がった時には実は既に若干右下乳が出てて・・・」
Y「で、僕はそれに気付かずに、もう1回あずっちを海に投げたんです。そしたらあずっちが起き上がった時にはもう・・・」
――・・・もう?
K「もう右乳は完全に露になってましたね。でも周りは誰も気付いてなくて、僕だけ気付いたんです」
Y「それで、Kが慌ててあずっちの前に立って隠してくれたんです。ほんと、こいつの迅速な対応がなかったと思うとゾッとしますね。もっとたくさんの被害者が出ていただろうし…。ただ、Kだけが直視してしまったことはいたたまれない気持ちでいっぱいです」
――・・・。さぞかしお二人ともお辛かったでしょうね。貴重なコメント、大変ありがとうございました。








まだ性欲もそれなりにある青年達の心に深い傷を負わせることになってしまった今回の事件、二度とこんな悲惨な出来事が起こらないようにただただ願うばかりです。
イベント
Com[3]Tb[0]
 スポンサーサイト
+ - +
Com[0]Tb[0]
+Comment+
やっぱ携帯からやと写真が途中から見れんかったわ〜〜(∋_∈)
でも文章だけでかなりワロタし。
え、もしかして相撲大会省かれる感じかな?そうなのかな?
気にかかってポロリしそうです。

今日の名言「むちうちぴ」
+ やっちゃん☆ +
+ 2006/08/19 6:33 PM +
あずっち、そんな事やらかしとったんか。

そら、Kもトチ狂ったように側頭部に星刻むわ。


ご愁傷様。



ま、そんな中僕は琴引な浜辺でドドリア嬢の桜をば拝見しましたけどね。

あざした。


ただその瞬間、圧倒的な気まずさの波にさらわれそうになったのは事実です。琴引な浜辺で。

でもそこは、2005年バランス・オブ・ザ・イヤーの僕ですから、見事に踏ん張りましたよ。琴引な鳴き砂を鳴かしながら。


まぁ、今となっては素敵な思い出です。ごちでした。




そして今回改めて思い知ったのは、やはりチラリズムの向こう側は、常に追い続けながらも決して追いついてはいけない領域であると言う事でした。
+ +
+ 2006/08/20 4:35 AM +
このコメント、名前書かなくても投稿出来ちゃうのね。


上のコメントの著者は、ホチキスでした。

大変失礼致しました。
+ +
+ 2006/08/20 4:41 AM +
+Comment Form+










+TrackbackURL+
http://for123.jugem.jp/trackback/65
  公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!!
+Trackback+
InternetExplorer Only
Photo by (c)Tomo.Yun